花蘭咲(からんさ)はどれくらいで効果が出るのか?

女性にとって抜け毛は問題。花蘭咲には様々な成分が入っていて効果的です。しかし、しっ擁してすぐに発毛したり、髪にコシや艶が出来るわけではありません。

花蘭咲はどれくらいで効果が出るのか検証してみました。

花蘭咲の効果・効能

花蘭咲の髪に与える効果や効能は

  • 育毛・養毛・脱毛の予防
  • 病気・産後の脱毛
  • フケ・かゆみの予防

と大まかに分類することができ、それそれ効果ができまでにかかる時間が異なります。

脱毛の原因

それぞれの脱毛予防にかかる時間を検証する前に脱毛の原因ですが、病気や出産など一時的なものを除くと、

  • 加齢
  • ストレス
  • 外的要因(頭皮トラブルなど)

の3つのタイプに分類することができます。

髪の毛は成長期→退行期→休止期→成長期→退行期→休止期・・・と順番にサイクルしています。このサイクルが乱れてしまうと脱毛が起きてしまいます。

しかし、どのタイプの脱毛も共通して、発毛サイクルの乱れが原因になります。

加齢による脱毛

加齢による脱毛は性ホルモンの分泌量の低下が原因になります。女性ホルモンが低下すると髪の毛の成長期の期間が短くなるため、髪の毛が細く短いまま1年足らずで抜け落ちてしまいます。

ストレスによる脱毛

ストレスによる脱毛は円形脱毛症とびまん性脱毛症(全体的に薄くなる)に分けられます。

共に原因となるのはストレスによる免疫細胞のエラーです。通常は外部のウィルスなどを倒すための免疫細胞ですが、ストレスにより正常な細胞を攻撃してしまう場合があります。それが毛母細胞を攻撃してしまった時、発毛のサイクルを乱してしまいます。

外的要因による脱毛

外的要因は同じ分け目を続けていたり、多くの紫外線を浴びてしまったことによる頭皮や毛根へのダメージです。

花蘭咲の育毛効果の検証

これらの脱毛の原因は発毛サイクルが乱れ、休止期の頭皮への栄養不足です。休止期は次の成長期に向けての準備期間で、この間に必要な栄養が足りず活性化されていない状態だと成長期への移行が遅くなりますし、休止期のまま成長がストップしてしまう可能性があります。

花蘭咲が他の育毛剤と違うのは休止期の毛母細胞へ直接栄養を送り込むことができることです。多くの育毛剤は成長期の成長速度を効率化するものが多いのですが、それでは発毛の根本的な解決には繋がりません。

育毛のコツは

「休止期の毛母細胞をいかに早く成長期に移行させるか」

がポイントになり、花蘭咲はこれを実現することができる効果的な育毛剤です。

しかし、花蘭咲にもひとつ大きな欠点があります。

それは休止期の毛母細胞を一日や二日で成長させることはできないということです。そのため、3~6カ月は使い続けると花蘭咲の育毛効果が実感できません。

病気や産後などの一時的な脱毛

抗がん剤治療や出産後の脱毛は一時的なものとはいえ、非常に悩ましい問題です。生えてくるのは分かってもできたら早く発毛して、今まで通りの毛量やボリュームに戻したいところです。花蘭咲を使った場合はどのくらいで効果が出てくるのでしょうか?

産後の脱毛への効果は?

妊娠期間中は出産に備え、子宮や胸を大きくするためにエストロゲンという成分が大量に分泌されます。エストロゲンは髪にハリやコシを与え、若々しい頭皮を維持してくれる役割と男性ホルモンの抑制作用を持っています。妊娠中はエストロゲンの分泌が多くなり、妊娠前と比べると女性ホルモンの割合が大きくなります。そのため、妊娠中はしっかりとした髪の毛が映え、脱毛しにくい状態になっています。

しかし、出産をすると体内のエストロゲンの分泌が低下し、女性ホルモンと男性ホルモンの割合が妊娠前と同じになります。そのため、妊娠期間中に本来後退期や休止期に移るはずだった成長期の髪の毛が一気に後退期に移り、約2~3週間で脱毛が始まります。つまり、出産後の脱毛は正常で妊娠前と同じ髪の毛のボリュームに戻るだけなのです。

髪のボリュームが妊娠前に戻らないケースもある

しかし、妊娠前と出産後を比べて明らかに髪の毛のボリュームが減ったと感じる人はいると思います。特にこの現象は高齢出産の方に多く、その原因は抜けた髪の毛が休止期のままにいる可能性があります。この休止期間に毛根に発毛に必要な栄養が十分に行き届いていないとスムーズに成長期に移行せず、発毛しない恐れがあります。

花蘭咲は休止期間中の育毛に働きかけます。通常休止期間は脱毛後から約2~3週間なので、その間にしっかりと花蘭咲を頭皮に散布しましょう。すると早くて2週間で頭皮を触るとチクチクとした新しい髪の毛が生えてきます。

抗がん剤治療後の発毛は?

癌治療は外科手術、放射線治療、ホルモン療法、薬物療法が主になりますが、薬物治療には抗がん剤という非常に強い薬剤を利用します。抗がん剤治療は体内のがん細胞を破壊し、がん細胞の増殖を止める働きがあります。その代わり、がん細胞だけでなく、正常な細胞も攻撃してしまう副作用があるため、髪の毛の成長に必要な毛母細胞の成長や分裂をストップさせてしまいます。そのため、髪の毛が抜けてしまいます。最近ではがん細胞をピンポイントで攻撃する抗がん剤も増えていますが、まだ多くの抗がん剤には脱毛の副作用があります。

抗がん剤の脱毛の仕組みは毛母細胞の動きがストップしてしまうため、成長期の髪が2~3週間程度で抜け落ちます。毛母細胞自体は活動が止まっているだけなので、抜け落ちた髪の毛には白い毛根はなく、途中で切れたような状態になっています。

抗がん剤治療が終了し、体内から抗がん剤成分が排出されると毛母細胞は休止期に移り、発毛への準備期間になります。約2~3週間程度で発毛を開始します。

花蘭咲を使い、発毛を促進

抗がん剤治療後の休止期ですが、頭皮のすべての毛母細胞が同時期に発毛状態に移行するとは限りません。頭皮環境や毛母細胞への栄養素が足りていない場合は、この休止期が伸びてしまいます。花蘭咲を頭皮に満遍なく散布すると休止期状態の毛根に栄養を送り込むことができ、頭皮の毛根を早く成長期に移行させ、より早く発毛させる効果があります。

フケ・かゆみなどの予防

フケとそれに伴うかゆみは頭皮の乾燥が主な原因です。頭皮の乾燥は季節的、加齢など様々な原因がありますが、花蘭咲は洗髪後の乾燥した肌に潤いを与え、それを持続させる効果が期待できます。また、花蘭咲のエビネエキスという成分には血行促進効果があります。血行が悪くなると肌が乾燥しやすくなってしまうので、頭皮の保湿と血行促進はフケやかゆみの予防になります。

あくまで個人差はありますが、おおよそ1週間ほどで、効果が実感できるのではないかと思います。

もっと早く効果を出すには

育毛剤だけでなく、生活習慣を見直すことで、相乗的に育毛効果は高まります。

睡眠

寝ている間の人間は身体の組織の修復のために成長ホルモンが分泌されます。寝ないと身体がだるかったりするのは、単純に身体を横にしていないだけでなく、細胞が痛んだ状態が続いてしまっているからです。この成長ホルモンはもちろん、発毛に必要な毛母細胞の修復や成長にも働きかけています。特にこの成長ホルモンは22~2時の間にもっとも分泌されるため、発毛効果をより高めたい場合は、早寝早起きを心がけましょう。

食事

良質な睡眠をとったとしても髪の毛の成長に必要な成分が行き届いていないといくら成長ホルモンが働きかけてもうまく発毛されません。それだけ食事は発毛にとって必要なのです。

必要な栄養素はタンパク質、亜鉛、ビタミンになります。

髪の毛の主成分の多くはタンパク質で、いわば髪の毛はタンパク質のかたまりです。タンパク質を摂取していないとそもそも髪の毛を作ることができなくなってしまうため、肉、魚、大豆など高たんぱくな食品を積極的にとるようにしましょう。

亜鉛自体は髪の毛の成分ではありませんが、タンパク質のかたまりを合成する作用があります。例えば、ソーセージは腸に肉詰めをすることで棒状の形を作ることができます。もし、腸がなければただのひき肉のかたまりですよね?亜鉛はソーセージの皮の部分と同じと考えてください。

ビタミンCは髪の毛の成分にはなりませんが、亜鉛の吸収効率をよくする働きがあるため、亜鉛を摂取した際は合わせて取ると効果的です。

タンパク質は比較的取りやすいのですが、亜鉛とビタミンはなかなか取りづらい成分なので、必要であれば、サプリメントでの摂取がおすすめです。

ツボ

花蘭咲や食事で発毛の効果に必要な成分を摂取したとしても血行が悪い状態だと得た栄養素が頭皮全体に行きわたりづらくなってしまいます。その時はツボマッサージが効果があると言われています。今回紹介するツボには傷ついた毛母細胞の自然治癒能力と血行促進効果があると言われています。

頭頂部の百会(ひゃくえ)、首筋の天柱(てんちゅう)、風池(ふうち)この部分を空いた時間に押すだけで、頭皮の血行がよくなり、毛母細胞の成長を促進してくれる効果があります。

まとめ

花蘭咲には休止状態の毛母細胞を活性化し、スムーズに成長期に移す効能があるため、発毛には効果的です。しかし、それだけでなく、生活習慣などをちょっと改善するだけでさらに発毛を相乗効果的に底上げすることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする