花蘭咲(からんさ)の使い方|さらに効果的な使い方を発見!

女性用育毛剤の花蘭咲の使い方は購入時の説明書に書いてありますが、もしそれで効果が出ていない場合は、使い方が間違っている可能性があります。またさらに効果的な使い方を発見しました。

すでに花蘭咲を使用している方やこれから購入しようか検討している方は是非参考にしてみてください。

花蘭咲の基本的な使い方

1.洗髪(洗髪しない日でもご利用いただけます)。タオルで水気を拭きとります。頭皮が若干湿っている状態が最適です。

2.気になる部分を中心に地肌に直接スプレーしてください(5プッシュ程度)。

3.スプレーした部分を中心に指の腹を使って揉むようにマッサージしてください(1~2分目安)。

4.3を4~5回繰り返し、頭皮全体に行き渡るようにしてください

実際にチャレンジした動画

さらに効果的な使い方

洗髪前に髪をクシでとかす

髪の毛は一日で平均80~100本程度抜けると言われています。洗髪前に髪をクシでとかし、髪に絡まった抜け毛を落としておくことで、清潔に頭皮環境をケアすることができます。

頭皮を乾かしてから使用する

説明書に書いてある使い方では洗髪後にタオルドライをしてから散布すると書かれています。タオルドライだけだと頭皮にはまだ水分がたっぷりの残っている状態のため、そのまま花蘭咲を散布してしまうと水気で薄まってしまいます。

そのため、タオルドライ後は頭皮を中心に軽くドライヤーをかけて、頭皮を乾かしてから花蘭咲を使うようにしましょう。ただし、ドライヤーを強くかけすぎると頭皮に必要以上にダメージを与えてしまうので、あくまで軽くかけるようにしてください。

分け目やつむじには重点的に散布する

分け目やつむじの位置が何年も同じままだとその部分の頭皮が紫外線やほこりなどでダメージを受けている状態です。分け目は定期的に変えることで解決することができますが、つむじは生えてきた時の癖のまま位置を変えることが難しいです。そのため、他の部分よりは念入りに散布し、頭皮に成分を行き届かせるようにしましょう。

頭皮・ツボマッサージで血行促進

花蘭咲の有効成分をより頭皮に行き届かせるためには血行状態をよくするとより効果的です。血行がよくないと頭皮に染み込んだ有効成分が頭皮全体に行き届かず、効果が出ない場合が多いです。そのため、頭皮マッサージやツボを刺激することで、血行促進と毛母細胞の活性化を期待できます。

おすすめなのは頭頂部の百会(ひゃくえ)、首筋の天柱(てんちゅう)、風池(ふうち)の刺激です。このツボは血行促進と傷ついた細胞の自然治癒能力を高める効果があります。

15分程度置いてから髪を乾かす

頭皮に散布した花蘭咲が肌に染み込むまでにはある程度の時間が掛かります。すぐに乾かしてしまうと花蘭咲の水分が蒸発してしまい、頭皮に有効成分が行き届きません。そのため、頭皮に花蘭咲を散布してすぐにドライヤーで髪を乾かすのはやめましょう。だいたいの目安ですが、散布してから頭皮を触り、湿り気がなくなり乾き始めた時がベストでおおよそ15分くらいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする